HOME>オススメ情報>イメージしていた仕事内容だけではないタクシー業界

タクシー業界の仕事は1つではない

タクシー

タクシー乗務員と言えばその名の通りタクシー運転手を想像されるでしょう。しかしタクシー乗務員の仕事にはいくつか種類が存在しています。転職で求人を探す際は、その仕事内容毎の違いを知っておく事で選択の幅は広がります。タクシー運転手以外には介護タクシーと呼ばれる介護が必要な方への乗降支援や病院への運送があります。内容や勤める会社によって院内の付添いや診察結果を家族に報告等も業務に含まれます。ハイヤー乗務員は予約制で指定された日時に送迎する仕事内容です。海外のVIPや会社重役付の運転手がこれにあたります。法人タクシー乗務員以外にもこの様に基本は送迎が仕事ですが、内容は細かく違ってきます。

介護タクシーには介護の資格も必須

タクシーの模型

一般のタクシー乗務員だと人の送迎だけですが、それ以外だと仕事内容は異なり必要なスキルも異なります。求人欄にも求める人材について明記されていますが、二種免許だけあれば就職できるものではありません。介護タクシーには二種免許以外にも資格が必要です。介護タクシーは病院への送迎しか原則行えません。介護保険法で定められており、介護が必要な方の通院における乗降介助が必要です。しかし介護保険外も対応している会社だと、保険外対応と言う事で院内付添や他の場所への送迎も行います。名前の通り対象者は人の助けが必要な方なので、介護職員初任者研修の資格が二種免許と併せて働くには必要です。

ハイヤー乗務員は品が命

ライバー

ハイヤー乗務員はタクシー乗務員と内容は似ていますが、対象者が富裕層や海外の方が多い事が特徴です。求められる資格は二種免許ですが、その他必要なスキルがあります。失礼のない様にお客に対する事はタクシー運転手でも同じですが、それ以上におもてなしをする精神とより高い接客術が必要になります。車もハイヤーを運転するので、品を保つ様により運転には気を遣う必要があります。求人数はそこまで多くはありませんが、固定給に残業代と安定した給与が期待できます。しかし特徴として日時が指定されるので不規則な勤務時間になりがちな面もあります。

広告募集中